Company file


Company file



Company file

 

メールマガジン登録
メールアドレス:
職種:
所属:
年齢:
地域:


変更
旧メールアドレス: 
新メールアドレス: 

解除
メールアドレス: 
INDEX  イラスト>  写真>  デザイン>  テキスト


Portfolio NOW!

このコラムでは、毎回1人のデザイナーに旬のデザインを見せていただき、その作品作りのきっかけ、コンセプト、世界観、制作テクニックなどを語っていただきます。リレーコラムですので、掲載クリエイターには次の方にバトンを渡していただきます。

 

Illustrator FILE 44

宮島亜希

1979年滋賀県生まれ、東京都在住。主に女性、植物、動物のイラストを中心に制作。アパレル、雑誌、広告、CDジャケット、携帯コンテンツ、異業種クリエイターとコラボ制作など、幅広い分野で活動中。個展、グループ展、企画・イベント参加など、国内外での展示多数。
http://akimiyajima.com/

 

● 台北でのPopUp-Shopに出展する作品制作

・展示販売用の作品(テーマ:TOKYO 2018)

東京原宿のギャラリー(L'illustre Galerie LE MONDE)が企画。複数の作家が出展するPop-Up Shop(台北)のために一点原画を制作しました。あまりテーマを決めて制作することがないので、とりあえず戌年と東京タワーカラーを意識しました。


額装した完成作品(クリックで拡大)

・使用ツール

基本、シャーペン0.2~0.5mm・固形の顔彩(たまにアクリル)を使用。クライアントワークの場合、スキャンしデータ納品(Photoshop CC、Illustrator CC)。最近Apple Pencileを購入したこともあり、今回ラフ画をデジタルで初挑戦してみました。


主にシャーペンや顔彩を使用。(クリックで拡大)


オリジナル作品の場合は、少し異次元の構成に持っていくことが多いです。余白とのバランス、人物と動物が面白く組み合わさる構成を考えます。

・ラフ画

ラフ画を原寸でプリントし、本番用の紙(主にホワイトワトソン紙)にアタリをつけて描き出します。アナログですがプリントした紙の裏を鉛筆で塗りつぶし、インクの出ないボールペンで軽くアタリを付けます。ラフも荒いので、あまり細かくトレースはしません。


ラフを描く。(クリックで拡大)


・本描き

全体的にアウトラインからモノクロの状態で、ある程度描き進めます。一番失敗したくない目から描き込みます。

髪の毛やまつげ部分は、粗めに塗り込み→消しゴムで陰影を出す→0.2か0.3mmのシャーペンで細かく描き込む→消す→描き込む、を何度か繰り返します。

いつからこのような描き方になったのか覚えていませんが、我ながら疲れる描き方にしてしまったなぁと、いつも思います。作品によっては、先に色を入れてから描き込む場合もあります。


本描きが目から描き始めることが多い。(クリックで拡大)


原色を使うことが多いので、パレットを使うことがあまりありません。固形の絵の具から、直接紙に塗り込みます。


色は原色を使うことが多い。(クリックで拡大)


・額装

今回は指定サイズの額とマットをいただいたので、それに合わせて描きました。個展の場合は、作品が出来上がってから額の色やフレームの太さを決めることもあります。作品はすべてデータ化し、保存しておきます。



次回はCHO-CHANさんの予定です。
(2018年6月18日更新)

 

[ご利用について] [プライバシーについて] [会社概要] [お問い合わせ]
Copyright (c)2015 colors ltd. All rights reserved